トイレ水漏れを水道 修理する場合

トイレ水漏れを水道 修理する場合 トイレを使用した後、ちょろちょろとした水漏れが現れる場合があります。この原因は主にタンク内の故障です。たとえ少量でも放置することで、水道料金が発生するだけでなく、床下が水浸しになるなどの二次被害も引き起こします。特に賃貸物件の場合だと階下の住民にも影響を与えることがあるので注意が必要です。水道 修理業者に依頼する方法もありますが、応急処置を兼ねて自分である程度修理することができれば、二次被害を防ぐことができます。

■まずは止水栓を閉めて、トイレの水漏れを止める

給湯器 水漏れやトイレの水漏れが起きた場合、水道 修理が必要となりますので、まずは止水栓を閉めます。より確実な作業をする場合は、家庭内にある元栓を閉めます。それぞれ概ね家庭用工具で右に回すと閉まる仕組みです。
トイレを含めて水の流れは、給水と排水に分けられています。配水管を通った水は、分水栓により各住宅に排出されます。給水管を通り、元栓や止水栓そしてメーターを経由してから、家庭内に供給される仕組みです。止水栓を経てから、各蛇口へと水が伝わります。給湯器を設置している所では、加熱されたお湯が異なる配管を通り蛇口に到達する仕組みです。この配管にも止水栓が設けられています。
家庭で使用した水を排水する場合、排水管を通り下水管に流れていきます。排水は、トイレなどは汚水、台所や浴室などは雑排水に分かれます。別々もしくは途中で合流する仕組みです。水漏れを含めて水道 修理をするにあたり、水道の流れを理解した上で行うと、スムーズな作業に繋がります。

■トイレ水漏れにてタンクの確認が必要
トイレ水漏れの原因がタンクであっても、部品の種類は複数あります。タンクの中にあるオーバーフロー管よりも水位が多すぎると、水漏れが起こる仕組みです。
手洗い管が付いているタイプは、ホースがタンク内にあります。家庭に工具が無くても、手で回すだけで外すことが可能です。ホースを分離した後、ふたを持ち上げて外した上で水道 修理をしていきます。ゴム製ホースの場合は、概ね金属バンドで固定されていて錆が生じていると除去することが難しいです。カッターなどでゴムを切断すると良いです。手洗い管が付いていないタイプは、そのままタンクの蓋を持ち上げて問題ありません。
近年では、タンクレスタイプを設置している所があります。電気系統により給排水などを調整しており、機器における相応の知識が必要です。難しい場合は、水道 修理業者に依頼すると良いです。

■トイレタンクの水道 修理で水漏れ解消

タンクの中ですが、オーバーフロー管よりも水位が上の場合はボールタップを確認します。特に、水の流れる音がタンク内から聞こえ続けている場合は、部品の劣化が疑われます。タップを押さえつつ、繋がる部分のナットをレンチで緩めて外してから、新しいものに取り換えると良いです。自分で修理することが難しい場合は、水道業者に依頼しましょう。
浮き球が外的要因などで引っかかって動かない場合は、付け直して障害物を除去しなければいけません。劣化している場合は、ホームセンターなどで部品を購入して水道 修理をします。メーカーによって種類が異なりますから、それに合わせた部品を購入すると良いです。
ゴムフロートの鎖が絡まっている場合は、適切に調整をして下さい。劣化の場合は、トイレ型番や部品の形を確認したうえで、ホームセンターなどで部品購入できます。

■まとめ
水道の仕組みを理解した上で止水栓を閉めると、トイレタンクの水道 修理を適切に行うことに繋がります。タンクの仕組みと部品に関する知識も水道 修理に大いに役立ちます。たとえちょろちょろの水漏れでも、放置すると生活に少なからず支障をきたします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース